浮造り(うずくり)とは?

浮造り(うずくり)とは?

 

この道具のこと↓
杉の板を削る道具が浮造り(うずくり)

 

こちらの道具を使い板状の木材を凹凸に仕上げたものが

「浮造り(うずくり)仕上げ」「浮造り(うずくり)加工」と言います

この毛みたいな部分で板を削ります
一般的には年輪の硬い部分(秋目)と柔らかい部分(春目)がハッキリした杉の板を使います
ヒノキでもできないわけではないようですが 杉板のような美しい凹凸にはなりにくいようです

 

杉板で浮造り(うずくり)してみた
この浮造り(うずくり)を使い木目に沿って削っていきます
硬い部分(秋目)はそのまま残り
柔らかい部分(春目)は削られることでキレイな形に仕上がっていきます

浮造り(うずくり)は主に「床板」や「壁(腰壁)」に使われます。

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

PAGE TOP